読書のやり方・本の効果的な読み方のコツは〇〇にあり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
斎藤一人さんメインの本棚の写真

こんにちは。とーるです。

僕は読書が好きで、このブログでも本についての記事をたくさん書いています。

今日ぼんやりと本について考えていたら、本を読んでためになったなぁと強く感じる時には共通点があることに気が付きました。

それはなんと、本の代金が自分にとって痛いと感じるときだったんです。

今振り返ると、僕の読書のやり方は、とても効果的な本の読み方となっていたのだなと思いました。

一体どういう意味なのか、詳しく書いていきますね。

スポンサーリンク

出費が痛いと本気で読める

本って、読みたいと思って買った本でも、仕事や用事で忙しかったりするといわゆる積読(つんどく)になってしまって、なかなか読みはじめることができないことがありますよね。

しかも僕が読んでいる本って、ビジネス書や自己啓発書と呼ばれる分野の本なので、漫画のように楽しく一気に読む本って感じではなく、地道にコツコツ読み進める本が多いんです。

ちなみ僕は漫画も好きで、漫画は買ってその日うちにすぐに読めちゃうのですけれど。

 

でもビジネス書は、油断しているとなかなか読み進められない、だけど集中して読める時は、読まないともったいないと、強く感じるときなんです。

そう、その時の自分にとって痛く感じる出費をともなって買った本は、かなり積極的に読めます。

今月のお財布にはあんまり余裕はないんだけど、気になる本を本屋で見つけてしまい、買えなくはないんだけど、ますます余裕はなくなるなあと迷った末に、えいやっと気合を入れて買った本。

そういう時は、1000円~1500円というお金の重みをリアルに感じて、なんとしてもその元をとらねば!そのために、絶対にこの本を読み切るぞ~!と、無意識にスイッチが入るんだと思うのです。

スポンサーリンク

仲間内で大流行した「ドSの宇宙さんの本」

痛い出費をともなって買った本の例として紹介したいのは、小池浩著「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」。

以前に記事を書いたこともありますが、口ぐせの持つ力と願いの叶え方についてとても楽しく書かれた良い本です。

⇒「ドSの宇宙さん本」の記事はこちら

 

この本を買ったときは給料日前で、あまりお金がありませんでした。

しかも別な本をすでに予約していて、そちらの出費も重なっているタイミング。

そんななか、仕事帰りにふと立ち寄った本屋で、この本を見つけてしまったのです。

タイトルと表紙が気になって少し立ち読みしてみたら、ぐいぐい文章に引き込まれてしまって、買いたくてしょうがなくなりました。

でもお金に余裕はない、どうしよう~と少しの時間悩んだ末に、直感を信じようと意を決してレジへと持っていったことを覚えています。

その結果、本の内容がためになったことはもちろんなんですが、読書仲間にこの本のことを伝えたら、おもしろくてためになるということで、みんなで一斉に買って読み始めることに笑

 

さらには偶然にも、加賀美新悟さんという僕の人生の師匠の教えにかなりの部分が重なっていることがわかり、とてもうれしかったです。

このように、痛い出費を伴って買った本は、たくさんの学びと、ラッキーなできごとやうれしいことも一緒にやってくる、ラッキーアイテムとなるのですね。

ちなみに加賀美新悟さんの著作について以前書いた記事もありますので、良かったら読んでみてください。

⇒加賀美新悟さんの「がり子の法則」の記事

読書好きになれたのも痛い出費のお陰

こうやって色々考えていたら、そもそも僕が読書を好きになって、ずっと続けてこれたのは、「本を買うこと」そのものが僕にとって大きな痛い出費だったからだなあと気が付きました。

僕が読書を本格的にはじめたのは、18~19才くらいの、自宅で大学浪人を経て、体調を崩しメンタルクリニックにかかるようになった頃。

その頃は仕事もアルバイトもできないくらい元気がなかったし、元気になれる保証もない状態でしたから、今あるお金がなくなったら、その先の収入のアテはない状態。

あるのは、お年玉などをコツコツ貯めていた貯金のみ…。

 

その貴重な貯金の中から、元気になるためのヒントを知りたくて、本を買って読んでいたんです。

その時の僕にとっての1500円は、かなりの大金でしたので、痛みも大きく感じていました。

でもだからこそ、必死の思いで本を読めましたし、読んだことを活かそうという想いは、人一倍だったのかもしれません。

今思えば、お金に余裕がない、収入を得られるアテがないということは、学び成長するため最適の状況だったということですね、

人生には無駄になることは1つもないと、改めて感じます。

 

本を効果的に読むためのコツは、自分にとって痛いと感じるくらいの出費を伴うこと。

そうすると真剣に本を読めるし、読書を通じて、ついてるできごとも引き寄せることもある。

僕の経験則から、そんな発見がありました。

今日の記事が、あなたにとってお役に立つことを願っています。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

⇒斎藤一人さんおススメの本 から学ぶ、楽しく成功するための秘訣

⇒斎藤一人さんの本や教えについての記事をまとめました【まとめ記事】

⇒「星の王子さま」のキツネの名言に学ぶ、人生に大切な3つのこと

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る