「なつぞら」主題歌がスピッツ新曲「優しいあの子」に決定【NHK朝ドラ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPITZ(スピッツ)30周年ライブのパンプレットの表紙の画像

こんにちは。とーるです。

スピッツファンにとってビッグニュースです!

4月開始のNHK連続テレビ小説「なつぞら」の主題歌が、

スピッツの新曲「優しいあの子」に決定しました!

 

 

2019年4月1日から放送開始です。毎朝テレビからスピッツの曲が流れてくるのを想像するとワクワクします~。

この機会にスピッツが紅白歌合戦に出てくれたら良いなあなんて思ってしまいますが、スピッツはテレビにあまり出ないので可能性は低いのかな?

スポンサーリンク

草野マサムネさんのコメント

記念すべき“朝ドラ”100作目、大好きだった「おしん」や「あまちゃん」のようにインストがいいのでは? とも考えましたが、今回は歌ありです。

ドラマタイトルが「なつぞら」なのに詞がかなり冬っぽい仕上がりになってます。

これには理由がありまして、お話をいただいてから何度か十勝を訪ねました。

そこで感じたのは、季節が夏であっても、その夏に至るまでの長い冬を想わずにはいられないということ。

「なつぞら」は厳しい冬を経て、みんなで待ちに待った夏の空、という解釈です。広く美しい北海道の空の力で書かせてもらいました!

草野マサムネさんのコメントは、NHKさんのホームページから引用させていただきました。

また主題歌決定のNHKさんのニュース動画を、コチラからご覧いただけますよ。

スピッツと広瀬すずさんのつながり

NHK連続テレビ小説「なつぞら」の主演は広瀬すずさんですが、広瀬すずさんとスピッツとの関りは今回がはじめてではないんです。

スピッツの「歌ウサギ」が、広瀬すずさん主演の映画「先生!」の主題歌だったんですよね。

 

 

⇒スピッツ「歌ウサギ」のPVがYouTubeに!感想と映画 先生 予告編も紹介します。

スピッツと岡田将生さんとのつながり

 

⇒不便な便利屋1年半ぶりに復活!主題歌スピッツ「雪風」歌詞の意味も復習しておこう~。

 

10月からの連ドラは「スカーレット」

「なつぞら」の次のNHK朝の連ドラのタイトルは、「スカーレット」!スピッツファンならマジか!と反応してしまいます。

スピッツに「スカーレット」という曲があるんですよね。

 

NHKさんはスピッツつながりで、ドラマのタイトルを決めたのでしょうか…?

その可能性は低そうなので偶然だとは思いますが、嬉しい偶然ですね。

次のドラマの主題歌がスカーレットということはないでしょうけど、ドラマの中で少しでも流れてくれないかなと期待してしまいます。

 

⇒スピッツ(spitz)の30周年ベストアルバムはおすすめ!最新曲も収録してるよ。

⇒アルバムCDに収録のスピッツ「雪風」の歌詞の意味の解釈を考えてみた

⇒スピッツがミュージックステーションとバズリズムに出演 !新曲「醒めない」を披露!

つづく

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る