斎藤一人さんの本「楽しんだ人だけが成功する」を読み、楽しいことをもっとしようと思ったよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
斎藤一人さん著「楽しんだ人だけが成功する」の表紙の画像

こんにちは。とーるです。

今、斎藤一人さんの本「楽しんだ人だけが成功する」の2回目を読んでいたんだけど、「あっ!」とあることに気が付きした。

 

それは僕にはまだまだ遊び(楽しいこと)が、足りていないんだなあということ。

 

なぜこう思ったかというと、僕は今だに、ずっと昔の高校時代のイヤな思い出が頭をよぎることがあります。

 

というか正直に言ってしまうと、高校時代に僕にとってイヤだった同級生のことを、まだ覚えているというか(笑)、現在でも許せてないというか (笑)

 

あんまりこういうことを言うのは良くないと思っていたので、口には出しませんでしたが、心の中ではわだかまりがありました。

(こう考えてしまう自分を許します!)

 

それが先ほど一人さんの本の中で、「自分が遊びに夢中になっていれば、人のことを氣にしている暇はないよ」と書いているのを読んで、僕が今この瞬間を楽しく遊んでいれば、高校時代のこととか、そのほかのイヤなことなんて、考えもしないよなと思ったんです。

 

昔のイヤなことを考えている暇があったら、好きなことをして遊んだほうが気分が良いもんね。

 

僕は無意識のうちに何かに遠慮して、遊びきっていなかったのでしょう。

 

だからこれからは、イヤなことを考えているより、今この瞬間を遊びで満たしたいなと思いました。

 

まあいきなり全力では遊びきれないと思うので、少しずつシフトチェンジしていくことを意識しよう~。

 

 

今日はこんな感じで、ふと閃いたことをを書いてみました。

あなたにとって、なにか参考になるところがあれば嬉しいです。

 

さいごまで読んでいただきまして、ありがとうございました。

斎藤一人さんの最新刊「楽しんだ人だけが成功する」おすすめです。感想を書きました。

斎藤一人さん「天国言葉」の効果と画像、言霊の力を活用すると人生が幸せになる理由

斎藤一人さんの本「絶対、なんとかなる!」おすすめ!内容と経験談もあります。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る