【スピッツ 楓】コード進行は歌詞付き・弾き語り用無料楽譜で!印刷する方法もお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カッコいいベースの画像

こんにちは!とーるです。

今年(2017年)のクリスマスに、スピッツの名曲「楓」をバンドでコピーして演奏することになりました。

僕はボーカルとベースを担当していて、練習している最中なのですが、CD音源を聴いて耳コピだけで演奏するなんて芸当は僕にはできません…。
ですので、無料・有料の楽譜(スコア)Yotubeの弾いてみた動画、を参考にさせてもらっています。

 

今日の記事では僕が今回「楓」をコピーするために活用しているものをまとめました。
そして曲をコピーするときには、コード進行と歌詞がわかる楽譜が手元にあると助かるので、楽譜(スコア)を印刷する方法もご紹介しますね。

スポンサーリンク

おすすめの無料楽譜(スコア)と印刷方法

コード進行を覚えるために、「無料でギターコード見放題 U-フレット」さんのサイトに掲載されている、楓のギターのコード譜を活用させてもらっています。
注意点としては、「楓」の場合はキーの設定は「±0の原曲キー」にしてくださいね。そうしないとボーカルや他の楽器と音がずれてしまいますよ。

楓の無料ギターコード譜はこちらから

 

僕はギターではなくベースですが、コード進行は同じですので、ギターのコード譜が参考になるんです。

ギターのコード譜ではベースの細かい動きはわかりませんので、細かい動きを知りたいときは、このあとに紹介する有料の楽譜(スコア)をご活用くださいね。

次に、コード譜を印刷する方法ですが、パソコンの画面を画像として保存する、画面キャプチャを活用するのが良いです。

その際にはWindows10に標準搭載された、Snipping Toolを使うと作業がとてもスムーズになります。

 

Snipping Toolの使い方については、下記のサイトの解説がわかりやすいです。

⇒Windows10 – デスクトップ画面をキャプチャ – Snipping Tool
このツールを使えば、マイクロソフトのWord(ワード)などのワープロソフトにコピー&ペーストで印刷することができます。

1.パソコン画面に表示しているコード譜の切り取り

2.切り取った部分をコピー

3.Wordなどのワープロソフトに貼り付ける(ペースト)

4.コード譜全体を貼り付けられるまで、1~3を繰り返す。

5.大きさを調整して、Word(ワード)のA4用紙 1ページにおさめる。

6.プリンターで印刷

 

この1~6の作業をすると、A4の紙一枚にコード譜をまとめることができます。

ちょっと面倒な作業ですが、僕はこの方法でコード譜を作りましたので、参考になればうれしいです。

スピッツのおすすめ有料楽譜(スコア)

ベースの本当の細かい動きを知りたいときは、やはり有料の楽譜(スコア)を買うことをおすすめします。

僕が買ったのは、「君が思い出になる前に」から「雪風」までのシングルA面曲のバンドスコアが掲載されているものです。

 

スピッツの定番曲がたくさん収録されているので、重宝しています。

今までこのスコアブックを参考にして、「楓」以外にも、「空も飛べるはず」「ロビンソン」「魔法のコトバ」「春の歌」を練習してきました。

スポンサーリンク

「楓」をベースで弾いてみた動画

スコアとコード譜だけでは、実際にどうやって弾いているのかわからない時があります。

そういうときは、実際に弾いている動画を観るのが1番早いです!

僕は下記のhiroemoncyanさんの動画を参考にさせていただきました。

 

特にイントロで、ハイポジションで高音を弾くところが見やすくて、ありがたかったです。

それと、スコアや動画を観ても、とても原曲通りに弾けないなと悩んだ時には、ベースラインを簡略化して弾くと良いですよ。

 

下記のサックさんという方のブログ記事を読むと、簡略のしかたが良くわかります。

⇒ベース弾けない時どうする?初心者に難しい曲を簡単アレンジする方法

 

僕はベースとボーカルの兼務なので、とても原曲どおりに弾いてる余裕がないので、基本いつも簡略化するつもりでいて、イントロや間奏、弾きやすい部分だけ原曲どおりに弾けるように練習しています。

スピッツの原曲PVとCD音源

さいごオリジナル音源のご紹介です。幻想的な雰囲気がただよう、イメージ重視のPVでした。

CDの音源をしっかり聴いて練習したいときには。スピッツのシングルA面の曲が45曲も入っている、下記のシングルコレクションも良いと思います。

また下記のライブDVDでは、「楓」のライブでの演奏を映像で観ることもできますし、特典としてライブの演奏をCD化したものがついています。

 

今日は僕がスピッツの「楓」をバンドでコピーするのに参考にさせてもらった情報を、まとめさせていただきました。

僕はまだ聴くだけでも曲をコピーする、耳コピをできないので、楽譜(スコア)コード譜弾いてみた動画この3つをフル活用して、少しずつ弾きかたを覚えることができてきました~。

 

これからは、今までにコピーしてきたスピッツの他の曲についても情報をまとめたり、ベース初心者の自分が1つひとつ買いそろえてきた機材や、参考にさせてもらった情報源についても、書いていけたらなと思っています。

乞うご期待です!

ではでは、今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

⇒ベース購入したい初心者におすすめのメーカーと本を調べてみた。

⇒スピッツの楓が午後の紅茶のCM曲に!YouTubeのPVと合わせて紹介します。

⇒仕事と、趣味のバンド活動をベース初心者ながら継続しています【近況報告】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る