大人気!斎藤一人さんのおすすめ最新本「絶対、よくなる!」から学べる3つの言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カッコいい雲海の画像

こんにちは。とーるです。

今日は斎藤一人さんのおすすめ最新本「絶対、よくなる!」から学べる3つの言葉について、書いていきますね。

今回の本も素晴らしい内容で、心がほっとすると同時に、とても元気が出ました。

今までの本には書いていなかった、新しい視点の部分もありましたよ。

僕のまわりの斎藤一人さんファンの間でも大人気の本になっています。

では早速解説をはじめていきましょう。

スポンサーリンク

斎藤一人さんおすすめのすごい言葉

まずは嫌なことが起きたときに言うと良い言葉をご紹介します。

「この程度の報いで済んで、本当によかった」×4回

「ツイてる♪」×9回

この2つの言葉をそれぞれ、4回と9回ずつ言うと良いそうです。

よく(49)なる回数ですね。

最初に「この程度の報いで済んで、本当によかった」を4回言って、そのあと「ツイてる♪」を9回言う順番です。

嫌なことが起きている時というのは、心が乱れてしまい、自分の心をうまくコントロールできなくなってしまいます。

心が乱れているとますます嫌なことを引き寄せてしまいますので、この2つの言葉を「おまじない」として唱えるようにして、嫌なことを消してしまいましょう。

イヤミや悪口を人に言われた時、奥さんに浮気がバレたとき(笑)、すかさずこの言葉を言って、悪い流れを良い流れに変えるのが良いですね。

この言葉は、はじめて本に出てきた言葉ですので、斎藤一人さんの最新の教えですよ。

この言葉を知ることができたあなたは、ツイています!

スポンサーリンク

あなたが幸せにしなくてはいけない人

それは、あなた自身なんです。

人はこの世に生まれてきた以上、まずは自分という人間を幸せにしなくてはいけません。

それができてはじめて、他の人のことも幸せにしてあげられるようになります。

だからまずは、あなたがあなた自身のことを大切にして、味方になってあげて下さい。

特に、自分のことをダメだなぁと落ち込んでいる時にこそ、斎藤一人さんの次の言葉を思い出して下さい。

「最高になさけない、ダメな自分のいちばんの応援団は自分なんだ」

この言葉を自分にかけてあげて、自分自身を精一杯応援してあげましょう。

これができるようになった時、自分も幸せになるし、やがて周りの人のことも幸せにしてあげられる、よりステキな自分へとなっていきます。

ダメな時こそ、自分で自分を責めなくても良いということ

このことは、僕にとって意外な盲点でした。

ダメな状態だからこそ反省して、より学んだり、より行動したりして、自分を高めなくてはならないと思っていたんです。

そうしていつも苦しい気持ちになってしまい、いつになったらこの苦しみから抜け出せるのだろう、この苦しみから抜け出すために、もっとがんばらなくては!と考え、さらに苦しくなるという、悪循環にハマっていました。

でも今回この本を読んで、目からウロコが落ちる思いがしました。

ダメな状態で、ものごとがうまくいかない時だからこそ、自分だけは自分を責めずに、自分を応援してあげる。

自分を大切にして、自分の価値を認めてあげる。

そうしたほうが、状況が良くなるのが早くなるし、それが結局は周りの人のためにもなる、このことにやっと気づけました。

今回この本を読めて、本当に良かったと思います!

 

さいごに斎藤一人さんの3つの言葉をもう一度ご紹介しますね。

「この程度の報いで済んで、本当によかった」×4回

「ツイてる♪」×9回

「最高になさけない、ダメな自分のいちばんの応援団は自分なんだ」

嫌なことがあったとき、自分を責めてしまいそうになったとき、この3つの言葉を思い出してください。

この3つの言葉は、あなたを必ず幸せへと導いてくれると、僕は信じています。

 

追伸で~す!

斎藤一人さんの「お金の真理」という本について書いた記事もありますので、参考にしてくださいね。

→→斎藤一人さんの大人気の最新本「お金の真理」、お金持ちの考え方がわかるようになります。

→→斎藤一人さんの大人気の最新本 「お金の真理」は人生の真理の本でした。

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る