スピッツの新曲 みなと(港)の元気になる歌詞をブログで解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラムとギターの画像

こんにちは。とーるです。

このブログで人気のシリーズ、スピッツの元気になる曲の記事を書いていきま~す!

今日ご紹介するのは、スピッツの最新の曲「みなと」です。(2016年6月現在)

では早速参りま~す。

スポンサーリンク

心が癒され元気になる曲「みなと」

NTT東日本 企業CMソングに採用されたスピッツの楽曲「みなと」。

「みなと」は少し心が落ち込んでいる時に聞くと、心が癒されて、ふっと元気が湧いてくる、そんな曲だと思います。

歌詞の意味を考えてみると、恋人が亡くなってしまった「僕」は、孤独を感じたときに港にくる。

恋人への思いを集めて歌を作った「僕」は、恋人との思い出が詰まった港に来て、恋人のことを思い出すために今日も歌う。

仕事や生活の中で元気が出ないときは、また港に来る。

恋人との思い出や記憶が薄れていくこと感じる。

だから目を閉じて恋人との出会いから別れまでを思い出す。

港に来て恋人への歌を歌うことで、恋人のことを思い出して、ひとりでも寂しさに負けずに生きていこう。

そんな「僕」の健気な思いを歌詞から感じました。

あなたはどんな風に感じるでしょうか?

→→ みなと 歌詞

スポンサーリンク

幻想的な雰囲気の中どこか可愛いPV映像

今回のPVは全編モノクロの映像になっています。

とても幻想的な雰囲気なんですが、可愛らしい演出もあり、スピッツの持つ魅力とすごくマッチしているなぁと思いました。

折り紙の鶴ちゃんがキーポイントになっていて、最初元気がない感じの鶴ちゃんですが、だんだん元気を取り戻して、最後は月夜をはばたいて飛んでいるのが印象的でした。

スピッツの4人のメンバーもかっこよく演奏していて、何度も視聴したくなるPV映像です。

少し元気がでないとき、落ち込んでいる時にこそ癒されます

「みなと」はあまり元気がないときに、心の癒しになる曲です。

落ち込んでいたとしても、そんな自分でもいいんだよと、優しく背中をさすってもらっているようなイメージですね。

草野正宗さんの優しい声と、スピッツのおだやかな演奏だからこそできる雰囲気だと思います。

 

あなたも「みなと」を聞いて、心が癒され元気になりましたでしょうか?

下を向いた気持ちを何気なく上に向かせてくれる、そんなステキな曲だと感じました。

さいごまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

【元気になる曲と歌詞】スピッツのアルバム小さな生き物から、「小さな生き物」を紹介します。

スピッツがミュージックステーションとバズリズムに出演 !新曲「醒めない」を披露!

スピッツの元気になる曲、「正夢」を紹介するブログ記事です

→→「心が元気になる曲」のまとめ記事

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る