ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの評価と感想と解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドのロゴの画像

(引用:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」公式サイト

こんにちは。とーるです。

新年あけましておめでとうございます!

1月も終わろうとしている今日この頃ですが、2018年に入ってはじめての投稿になりますので、新年のご挨拶をさせていただきました~。

1月はこのまま1記事も更新しないで過ぎてしまいそうでしたが、なぜぎりぎりになって記事を書いているのか、その理由は…!

今更ながらですが、ニンテンドースイッチの「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」を買ったからなのです!

これまた2017年の3月に発売されたソフトを今更ながら買い、プレイしはじめました。

そんなゼルダの伝説をプレイしてみての評価と感想、そしてなぜ買うことになったのかについて、今日は書いていきますね。

スポンサーリンク

ゼルダの伝説 評価と感想

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(以下、ゼルダの伝説 BotW)は、The Game Awards 2017」

・ゲーム・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀作品)
・ベストゲームディレクション部門
・ベストアクション・アドベンチャーゲーム部門

の3つの賞を同時に獲得しました。
世界から高い評価を受けている名作ゲームなんですね。
(参考:『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のGOTYを含む3冠ほか、驚きの最新作も続々発表されたThe Game Awards 2017リポート

僕自身、実際にプレイしてみた感想を一言で言ってしまうと、めっちゃ面白いです!

「ゼルダの伝説 BotW」の面白さは、なんと表現していいのか…。

とにかく、自由度が高い!ラスボスのガノンの居城に、序盤からいきなり挑めてしまうというフリーダムさ。

しかも裏技的なものでラスボスに挑めるとかではなく、ストーリーの正規のミッションの1つとして選べるようになっているのです。

もちろんラスボスの城の敵はめちゃくちゃ強いので、途中でやられてしまうのですが、それはそれでどこまで行けるのか試したくて、無謀な挑戦だとわかっていても、時間を無駄に費やしてしまうという…。

メインストーリーを進めるよりも、寄り道を楽しみたくなってしまう魔力があります。

ゼルダの伝説を買うきっかけになった2つの記事

なぜ発売から1年近く過ぎた今になって、ゼルダの伝説を買おうと思ったかというと、ある2つの記事を読んだことがきっかけでした。

その2つの記事の1つ目は、「まず2Dゲームで開発、社員300人で1週間遊ぶ!?」

この記事は、なんです。なんと「ゼルダの伝説 BotW」はもちろん3Dで美しい世界が描かれているのですが、一旦すべてを2Dで作って、それをみんなで1週間かけて遊びながら、様々なギミックを考えていったのです。

2つ目の記事は【超感動】『ゼルダの伝説』のAmazonレビューがメッチャ泣けると話題 

アマゾンに投稿された、ある印象的なレビューについての記事でした。

アマゾンのレビュー、全部を引用すると長すぎるので、一部を引用しますね。

何故あの時Switchを手に取ったか今でもよくわからない。
ただビール片手に、つまらなければ売ればいいと思って本体とゼルダを購入した。

出勤日だった昨日、電車の窓から見えた名前も知らない山を見て、「登れそう」と思った瞬間、涙が溢れて止まらなかった。
傍にいた同世代のリーマン達には「なんだコイツ」と思われた事だろう。

時間に追われ、現状維持の為に憎まれてでも日々併走するリーマン仲間にこそ薦めたい。
たかがゲームとは言わないでくれ。俺達はゲーム黄金期に生まれた。
マリオのジャンプで家族が体ごと動かすのを見たことはないか?
マリカースマブラと、コントローラー持ち寄って遊んだ記憶はないか?
クロノトリガーやFF7の攻略を友人と話し合った事は無いか?
今だから分かる。クソガキだった俺に、両親が誕生日やクリスマスやらで、クソ高いハードやらソフトやらを買ってくれた事。
ガミガミうるさい傍らで、俺の為に家の金捻出して高いゲームを買ってくれた事。

自分の生活に一生懸命で気付かなかった事に、今更気づいて感動してる。もっと親孝行すべきだった。

★5レビューが良い物ばかりだから今更俺が語る事は何もない。
このゼルダは、俺が忘れた「挑戦と報酬」を与えてくれる。
地図無き世界を自由に探索できる、ワクワクする冒険が体験できる。
同世代の俺達は明日を凌ぐために日々病んでいる。だが人生に失望しないでくれ。
こんな所に、俺が望んでいた冒険があったんだと。
(引用:Amazon カスタマーレビュー

このレビューを読んだら、「ゼルダの伝説 BotW」をめっちゃやりたくなっちゃいませんか!?

スポンサーリンク

 

星野源さんと水木一郎さんもゼルダの伝説をやってたんだ~!

それと記事を書きながら、星野源さんのFamily Songの初回限定盤DVDを観つつ聴きつつしてたんですが、すごい情報を聞くことができました。

星野源さんも2017年のライブツアー中に、ホテルでゼルダをやっていたそうです笑

さらにおもしろい話をしていて、あの水木一郎さんが祠(ほこら)を全部制覇したんですって。

祠(ほこら)を知らない方のために説明すると、祠(ほこら)にはパズルがあって、クリアすることでハートやスタミナを増やすことができるようになります。

でも祠(ほこら)はわかりにくい場所にありますし、全部で120か所あるので、制覇するのはかなり大変なんです。

さすが我らの兄貴、水木一郎さんは、偉大な方ですね。星野源さんも、水木一郎さんはすごい人だなあと絶賛しておりました。

もうひとつ、おもしろい話をしていました。

ゼルダの伝説シリーズの生みの親、宮本茂さんがゼルダの伝説の謎解きのバランスについて仰っていたことがあるそうです。

どのくらいのバランスにしているかというと、例えば今自分のいる部屋に1,000円が隠されているとして、制限時間30分の中で探しはじめて、27分後に見つかるくらいの場所に隠すのを意識しているのですって!

残り3分でクリアとは、なんとも絶妙なバランスだなあ。名作ゲームが名作たるゆえんが垣間見えるエピソードだなと思いました。

そして星野源さんが、宮本茂さんの語っていた言葉で、常に音楽の中で実施していたいと思っているものがあるそうです。

その言葉とは

「1つのアイデアっていうのは、何か1個じゃなくて、そのとき抱えている問題を全部一気に解決できようなものが、アイデアなんだ」という言葉。

星野源さんも音楽を創作していく中で、たくさんの問題が同時にあっても、きっとこれらのすべてを一気に解決できるアイデアが必ずあるはずだ!と考えて、良いアイデアを生み出しているんですね。

ゼルダの伝説のゲームとは話題がそれてしまってしまいましたが、とても感銘する宮本茂さんのお話だと思い、書かせていただきました。

⇒星野源さんの「Family Song」を紹介した記事はこちら

 

まとめ

「ゼルダの伝説 BotW」は世界中のゲームを愛する人たちから評価されている、素晴らしいソフトなんですね。

まだプレイしていない人も、必ずや満足できる作品だと思います。

今回僕が買ったのは、ダウンロード版です。店頭やAmazonのパッケージ版が売れ切れていたので、ダウンロード版にしました。

ゼルダの伝説 BotWかなりデータ量が大きい(GB)ので、Switchメモリ容量に余裕がない方はパッケージ版をおすすめします。

 

さいごに、僕の友達のちーちゃんが書いてくれた、かわいらしいリンクのイラストをご紹介しますね。

手書きの色鉛筆で描いた作品ですが、とてもそうとは思えない、繊細な色づかいなんですよ~。

 

ではでは、今日はいつもより長文になってしまいましたが、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

⇒面白いスマホゲーム「Shadowverse」をプレイしてワクワクしよう!

⇒【星野源】Family Song フルMV(PV)音源公開!予約しました!

⇒星野源「Week End」のフルPV(MV)動画!歌詞の意味についても考えてみたよ。

つづく

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る