おすすめの神田昌典さんの本と、簡単にマーケティングとは何かを教えてくれる音声を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神田昌典さんの本の表紙の画像

こんにちは。とーるです。

今日は、熱い想いを感じながら、ブログを書いています。

メイコさんという方のYoutubeの音声を聴いて、心を動かされました。

その音声の中でメイコさんがおすすめしていた、「神田昌典さんのマーケティングの本」を買って読んでみる、という行動をとることができたんです。

そして、メイコさんの音声では、マーケティングとは何なのか、簡単に説明してくれています。

メイコさんの音声を聴き、神田昌典さんの本を読んだことによって、感じたこと、起きた変化(引き寄せ)について、書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

マーケティングを学ぶきっかけをくれる音声

まずはメイコさんと、メイコさんのYoutube音声についてご説明しますね。

僕はブログ運営をしていくにあたり、「未来型」という教材で勉強させてもらっています。

メイコさんは、「未来型」の先輩実践者さんで、パニック障害をかかえながら、趣味ブログの収入だけでご飯を食べていけるほど、成功している方です。

そして趣味ブログがきっかけで、本の出版もしているんですよ。

僕が達成したい目標を、すでに叶えている方なんです。

そんなメイコさんの音声がこちらになります。↓↓↓

動画の中の(20:45)頃からメイコさんが仰っていますが、『「マーケティングの本を読むことからはじめてみたら?」と言っても、実際に行動できる人は、ほんとうに一握りの人だけ。ほとんどの人はめんどうだから行動することができない』んですね。

いくらメイコさんがインターネットで成功する道があることを説明しても、多くの人はそのことを信じないんだそうです。

でも逆に、自分が行動すれば、成功へと大きく近づいているということでもあります。

だから僕は、今回、メイコさんの言葉に素直に従って、神田昌典さんの本を買って読みはじめたというわけなんです。

スポンサーリンク

マーケティング会の第一人者・神田昌典さんの本

今まだ読んでいる途中ですが、実際のビジネスの事例がたくさん出てきて、実践に基づいて書かれた良書だと思います。

マーケティングで大切なことは、お客さんの行動や気持ちを徹底的に考えて、理解すること。

そしてお客さんを大切にしながら、自分自身や自分の会社も大切にしながら、友人のような良い関係を築いていくこと。

このようなメッセージを本を読んでいて感じました。

全部読みましたら、改めて本について掘り下げた記事を書けたらなと思っています。

8分で学ぶマーケティングの基本

さらにここで、メイコさんの音声をもうひとつ、紹介させてください。

音声の中でメイコさんが、マーケティングで1番大切なことを、シンプルに教えてくれています。

メイコさんの言葉をお借りすると、マーケティングとは「お客さんが幸せになるために、自分が何をしたらいいかのかを考えて、お客さんが1番楽しめる、輝けることをしてあげること」

とてもステキな言葉ですよね。こういう思いでブログを運営していって、お客さんに喜んでもらって、自分独自のビジネスをしていけたなら、最高に幸せだなと思いました。

そんな素敵な想いを持っているからこそ、メイコさんはインターネットビジネスで成功できて、本の出版をすることもできたんですね。

マーケティングの本と情報を引き寄せた話

僕のブログでは以前にも、引き寄せの法則の記事を書いたことがあります。

⇒起業セミナーを引き寄せた体験談の記事

⇒バンドの結成を引き寄せた体験談の記事

そして今回もマーケティングに関する引き寄せが起きたんです。

まず1つ目は、神田昌典さんの本「不変のマーケティング」を買ったきっかけです。

メイコさんのYouTube動画を観た次の日の仕事帰り、いつも通り車を運転していました。

すると帰り道の近くにある本屋さんに無性に寄りたくなったのです。

このときは、マーケティングの本のことは、頭には全然ありませんでした笑

でも本屋に入って、本屋に入ると必ず見る、ビジネス書コーナーを何気なく眺めていると、神田昌典さんの本が目に飛び込んできたのです。

このときになってはじめて、メイコさんの音声で「マーケティングの本を買うと良いよ」と、言われていたことを思い出し、これは買った方が良い流れだと思って、本を買ったんですよね。

 

そしてその2日後に、マーケティングの情報の引き寄せが起きました。

1つが、日経ビジネスのメールマガジンに掲載されていた、次の記事。

⇒USJをV字回復させた森岡氏が企業再生会社を設立

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)を立て直したことで有名な、森岡さんが新会社を立ち上げたという内容でした。

森岡さんが、USJにハリーポッターのアトラクションを作って成功させるまでを、テレビで特集しているのを観たことがあったので、興味深かったです。

そしてその新会社が、なんとマーケティングを専門とする会社

これは情報を引き寄せているなと直感しました。

 

2つ目には、ラインのタイムラインで、僕の地元函館で行われるイベントの情報が流れてきました。

⇒地方創生!第6回まちづくり政策セミナー開催のお知らせ

このイベントの第2部の基調講演でお話する山本光子さんという方が、株式会社ぐるなびの執行役員で、マーケティングなどを専門としているようなんです。

山本光子さんの講演、ぜひ聞きたいので、イベントに行きたいと思っています。

 

このように、メイコさんの動画を観てから、本との出会いから情報との出会いまでが立て続けに起こったのが、とても面白いなと思いました。

引き寄せの法則ってやっぱり本当にありますよね。

脳のしくみの観点からいうと、脳のRAS(ラス)という機能が関係して、自分に必要な情報を自動的に集めてきているっていう、言い方もできると思います。

RAS(ラス)の話などは、僕もまだ勉強中ですが、また今度記事にできる時が来たら、書いてみますね。

 

さてさて、今日の記事は思いのほか長くなってしまったので、ポイントを簡単にまとめてみますと…

・本を読むなど、小さな行動をすることが成功への第1歩。でもその小さな行動をできる人はほとんどいないので、この1歩がとても大きな違いになる。

・おすすめは神田昌典さんのマーケティング本。僕が買ったのは「不変のマーケティング」。

・マーケティングで大切なことは、お客さんの幸せを考えること。

・小さな行動をすると、どんどん引き寄せが起こってくる

こんな感じでしょうか?

盛りだくさんの内容で、読みづらい記事になっていたら、すみません。

あなたにとって、役に立つところが、少しでもあったならうれしいです。

ではでは今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

⇒起業への道、副業ネットビジネス実践記 マーケティングの基本の考え方を解説します。

⇒ネットで稼ぐための道 初心者でも月10万円稼ぐ方法を実践して発見できたこと

⇒コピーライティングのコツを学べる「無料レポート」をあなただけにご紹介します。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る