【斎藤一人】まるかんのお店さんの本をおすすめします!人気店「そかろ」の「がり子の法則」(加賀美新悟著)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本の表紙の画像

こんにちは。とーるです。

今日ご紹介する本は、山梨にある「まるかん」のお店「そかろ」の店主である、加賀美新悟(かがみしんご)さんが書いた本です。

斎藤一人さんが経営している会社「まるかん」の商品を販売しているお店は全国にたくさんありますが、その中でも日本一になった超人気店が「そかろ」なんです。

そんな超人気のお店を経営する加賀美新悟さんが書いた「がり子の法則」という本は、繰り返し読むことで前向きな考え方が身につき、心身ともに健康になってしまう、すごい本なんです!

今日はそんなステキ本について、ご説明していきますね。

スポンサーリンク

ところで「がり子」ってなんのこと?

本のタイトルにある、「がり子」ってなんのことかと不思議に思うかもしれませんね。

がり子っていうのは、不安がったり、心配したがったり、弱いふりしたがったりしてしまう人のことです。

人はつい不安になったり、心配になったりしてしまいますが、そのような陰の状態になってしまうと、心と体からエネルギーがなくなり、良くないことを引き寄せてしまうということが、本の中に書かれています。

でもその反対に、幸せや楽しさ、感動の気持ちを感じている時は、心と体が陽の状態になり、よりいっそう幸せに楽しくなる出来事を引き寄せてくれるんですね。

でもそのことがわかっていたとしても、不安な気持ちをなくすことって難しいし、楽しい気持ちもなかなか湧いてこないかもしれません。

そんなあなたにこそ、この「がり子の法則」を読んでほしいのです。

この本を何度も読むことで、だんだんと不安な気持ちになりにくく、安心の気持ちを保ちやすくなっていけるようになりますよ♪

がり子の法則を45回以上読むと起きることとは…

本の最後に、この本は最低でも4回、できれば45回読んでほしいと書いてあります。

なぜ45回かというと、新悟さん→しんごさん→しん(4)ご(5)さん…っていう、語呂合わせなんですけど(笑)

でも45回読むと、本の内容がしっかりと頭に入ってきて、とても効果がありますので45回読みは本当におすすめですよ。

僕も45回読むことで、心の芯がしっかりしてきて、安心の気持ちがブレにくくなってきました。

不安になったり心配の気持ちが出てきても、それを自分で自覚できて、安心の気持ちへと切り替えることがしやすくなったことを実感しています。

さらに今(2017年5月8日現在)は64回目に達して、100回読みを目指しているところです。

あ、ちなみにこの本は全部で38ページで、文字も大きめなので、繰り返し読みやすい仕様になっていますので、ご安心くださいね笑。

 

読めば読むほど自分の力になる魔法の本、加賀美新悟さんの「がりこの法則」。

ものすごくおすすめいたします。

そんな「がり子の法則」は、下記の申し込みフォームから、ご注文いただけます!↓↓↓

⇒「がり子の法則」注文申し込みフォーム

1冊1500円(税込み)です。

この機会にぜひ、読んでいただけたらなと思います。

あなたの人生に革命がおこるかも?!しれませんよ!!

 

加賀美新悟さんはブログもやっています。

読むと元気をもらえる楽しいブログですので、本と合わせてどうぞご覧になってみてください♪

 ⇒加賀美新悟 『俺のブログ』

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

⇒斎藤一人さん関連の記事をまとめました!【まとめ記事】

⇒斎藤一人さんの2017年の愛弟子講演会での最新Youtube音声です!

⇒斎藤一人さんの天国言葉について解説しました

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る